やすし

やすしの住む島へ。

右前脚は付け根から切断され、体はずっと小刻みに震えている。

思っていたよりも深刻な状況。

セッション後は震えもとまり、のびーんとリラックスして

甘えた声を出すようになって少しほっとした。

助けてあげたいという思いで会いにいったけれど

動物はいつだってこちらがしてあげられること以上の

大きなギフトを与えてくれる。

まさに今のわたしに必要なもの。

やすし、たくさん話してくれてありがとう。

約束はきっと果たします。

そして、ここまで導いてくれたあの猫への

感謝の気持ちを新たにする2014年暮れなのでした。