遠隔ノススメ

small good thingsは世界を旅するサロン。

対面セッションにはタイミングがあわないことも

多々あると思いますが、そんなときでも

ボディートーク、アニマルボディートーク、

PSYCH-K®︎についてはいつでも

遠隔でのセッションが可能です。

 

最近はおかげさまでリピーターの方を中心に

遠隔セッションのお申込も増えてきました。

とはいえ、ただでさえ怪しまれがちなエネルギーワーク

“遠隔”というとさらに訝しむ人が多いのが現状です。

 

でも、これって今や最先端科学なんです。

ボディートークの根拠となっている量子力学では

宇宙に存在するすべてのものは網の目のように

つながっていると結論づけられています。

そして、物理的に離れた場所にある物質同士が

影響を及ぼしあう現象が確認されているのです。

かつては“スピリチュアル”と揶揄された領域が

科学の最先端と邂逅するというのは興味深いですね。

 

すべてはつながっているのだから

離れた場所にいるクライアントのバイオフィールドに

アクセスして情報を得ることは可能であり

エネルギー的に影響を及ぼす、つまり

セッションの効果を上げることもできるというわけです。

 

アニマルボディートークのセッションは

動物が目の前にいても直接触れず遠隔で実施するのですが

(多くの国において獣医師の資格を持たない者が

動物に触れる施術を行うことは違法とされているため)

それでもエネルギーに敏感な動物たちは

人間以上にわかりやすく反応を示します。

人の場合でも遠隔セッション中に眠くなる

身体が熱くなるなどの変調を体験される方も多く

何らかの力が働いていることを実感できる場合もあります。

 

まあ信じる信じないは自由なのですが

信じられる方には遠隔セッション

ほんとにオススメです!

なぜなら単純に便利だから。

 

たとえば、

・遠隔地に住んでいて近隣で優良な医療施設や

プラクティショナーを見つけるのが難しい場合。

・・・これはわたし自身、地方に移り住んだときに

・・・直面した問題ですが、都会なら選びたい放題の

・・・病院も田舎では…。とくに珍しい現代病のようなものは

・・・治療はおろかまともに診断さえ下らず苦労しがち。

 

・病気やケガが重く動けないとき。

・・・とくに一人暮らしだと病院にいくのも厳しいですよね。

・・・あとぎっくり腰になったときとか。

 

・旅行中に急に体調を崩したとき。

・・・とりわけ海外滞在中だと現地の病院にいくにも

・・・治療費や言葉の問題があるだけでなく

・・・国によっては医療レベルや文化の違いが気がかりです。

 

と、主な3つを挙げてみましたが

どこにいてもいつでも気が向いたときに

受けられるというのは楽チンなものですし

遠隔セッションが役立つ場面は他にも

たくさんあると思うのでぜひご活用ください。

動物の場合もお写真を送っていただければ

遠隔地からセッションをさせていただきます。

 

ボディートーク、アニマルボディートークの

遠隔セッションお申込から実施までの流れはコチラ →