動物たちが教えてくれること

ついにこのときがやってきた!
BodyTalk for Animalsのワークショップに参加するためシンガポールへいってきました。
動物とのワークがしたくてボディートークの道に入ったわたしにとってはまさにここからが
スタート。何ヶ月も前からわくわくしながら心待ちにしていたのです。
ルーシャ・ジェイコブス先生はボディートークのインストラクター、施術士であるだけでなく、
長年アニマルコミュニケーターやドッグトレーナーとしても活躍され、その豊かな経験を活かして
世界中で動物に関わるさまざまな活動を展開されている方です。気さくであたたかく、それでいて
とても力強いオーラをまとった彼女との初対面に、これからの4日間に期待をふくらませる
わたしでしたが、そのときはまだ、これほどまでに深遠な体験をすることになるとは思っても
いませんでした。
最初の2日間は主に座学とルーシャによるデモセッション、3日目以降は実際に参加者が施術を行い
それぞれの結果をシェアしながら学んでいきます。セッションを通じて明らかになるストーリーや
動物から伝えられるメッセージは、彼らがいかに豊かで鋭敏な感性を持ち、周囲の人間や動物を
気遣っているかを知らしめるもので、そのエゴのない優しさと大きな愛に思わず感動…。
わたしもウサギやハムスター、猫、犬にセッションをさせてもらいましたが、動物は人間よりも
素直に反応を示してくれるので、とても勉強になると同時に励みにもなります。自分の未熟さに
不安になりながら施術していると「だいじょうぶ、ちゃんとできているよ」と勇気づけてくれたり
ときには「まだまだレベルアップしないとね」と喝を入れてくれたり、最後には「ありがとう」と
お礼を言ってくれたり、謙虚でありつつも自信をもって取り組むことの大切さを動物たちが教えて
くれました。
そして最終日。郊外にある乗馬クラブでの実習です。朝、現地に着いたときから、なにかこみあげて
くるような不思議な感覚がありました。まず集合したところでオリエンテーション。ルーシャは
「泣きたくなったらがまんせずに泣いてね」と言うと、まっすぐわたしを見てにっこり。「泣くのは
わるいことじゃないんだから」
セッションをする馬の準備ができるまで、しばらく待ち時間がありました。そこには1頭のロバが。
なにげなく近づいてみると目から涙を流しています。どうすることもできずぼんやりながめていると
ルーシャがやってきていきなりぎゅっと抱きしめてくれました。するとわたしもとめどなく涙が…
悲しいとかではなく、今まで固く閉ざされていたものが開いて一気にあふれだしたような、うまく
言葉にはできないけれど解き放たれるような涙でした。
なにがなんだかわからないまま、時間がきたので、まだうるうるしながらも馬のところへ移動。
ルーシャが馬に選ばせる形で数人ずつ参加者を割り当てていきます。わたしを呼んでくれたのは
ジョイという馬。ベテランのボディートーカー2人とチームを組んでセッションにあたりました。
はたしてジョイとわたしは似たような問題をいくつも抱えていました。それは偶然ではなく、だから
引き寄せられたわけで、そうしてお互いに癒しと学びがもたらされるようになっているんですね。
とはいえ、このときのわたしはルーシャの予言どおり、ほとんど泣いてばかりで、馬の代理になって
いっしょにパラレルセッションを受けたりと、主に癒してもらう側だったのですが、最後に少しだけ
いくつかのフォーミュラをタップさせてもらいました。
セッションが終わると、心臓のあたりが熱く、大きくあたたかいものに包まれたような安心感と
駆け出したくなるような喜びが湧きあがってきました。そういえば馬の名前はJoy、喜びという
意味です。もう1頭、近くにいてセッションを手伝ってくれた馬はBliss、至福を意味します。
ジョイとブリスがわたしに喜びと至福というギフトをくれたのです。
そのあとも馬を交替して何度かセッションをしましたが、その度に自分自身に関するきづきが
たくさんありました。ボディートークとはセッションをする側であっても、つねに自分自身と
向き合うことでもあるのだと思い知らされます。また、動物の高潔なエネルギーに触れると
謙虚にならざるをえません。動物のためにできることがあるならと思って始めたボディートーク
ですが、結局のところ、動物に癒され、彼らの智慧から学ぶことの方がはるかに多いのですから。
それでも、だからこそ自分なりに少しでも動物たちに恩返しができるよう努力していきたいという
思いを強くするこの4日間でした。長い旅のはじまりです。
最後の練習セッションが終わったあと、草を食む馬を前にぼーっとしていると、1回目の
セッションでチームを組んだ女性がやってきて「ありがとう」とハグしてくれました。
「どうして? お礼をいいたいのはわたしの方なのに」と言うと、「この馬にセッションを
したんだけど、あまり深いところまで入れてもらえなくて、これじゃすっきり終われないなあって
モヤモヤしてたら、あなたが馬に近づいていったの。そしたら馬が心を開いて、ふたりの気持ちが
つながったのがはっきりとわかった。こんなに美しい瞬間を見ることができて幸せよ。
だから、ありがとう」と。それを聞いてまた涙がでてきてしまいました。わたしはただ、
この一日で体験したことに圧倒されつつ、すべてを包み込むような馬の寛大なエネルギーに
浸ってぽかぽかしていただけだったのですが、そのとき確かに実感していたのは、すべては
つながっているのだからだいじょうぶ、ということ。それ以外にこの日 学んだことについては
これから時間をかけて消化し、今後の活動の糧にしていきたいと思います。
動物たちの世界との橋渡しをしてくださったルーシャ先生、あらゆる場面でサポートしてくれた
参加者のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。これからも周りの人々や動物たちから学びつつ
自分を信じてこの道を進んでいきますので、よろしくお願いします。
写真は“美しい瞬間”のお馬さん。ありがとう。