免疫アップ! ウイルスや花粉に負けない体をつくる

 

世界で広がりを見せる新型コロナウイルス

日本では感染経路のわからないケースも増えつつあり

市中感染の段階に入っているのは間違いないと思われます。

すでに数千人規模の潜在的感染者がいると見積もる専門家もいるようですね。

一方、健康な若中年層では重症化のリスクは低いことが

明らかになっていますので過剰反応しないというのも大切です。

情報収集をしながら、手洗いを徹底したり

少しでも体調が悪ければ外出しないなど

ひとりひとりが感染拡大を抑える努力をしつつも

恐れすぎないようにしたいものです。

 

とはいえ不安要素の多いご時世。

これを機に免疫を強化しておきたいと

考えている人も多いのではないでしょうか。

そこでボディートークです。

 

実際、わたしはボディートークで

体と心のメンテナンスをするようになってから

9年間 風邪ひとつ引いていませんし

数々のアレルギーもすべて解消しました。

 

なぜかというと

わたしたちの体を守る免疫システムには

さまざまな構成要素があります。

ボディートークなら個々の必要に応じて

それらすべての側面から効率よく

免疫力アップを図れるんです。

 

それでは免疫系に関わる主な要因をざっと見ていきましょう。

 

◎ 衛気

 

体の表面には東洋医学で“衛気(えき)”と呼ばれる

エネルギーのバリアがあります。

これが外的要因から身を守る第一の防御機構です。

衛気が弱まると周囲の環境から悪影響を受けやすくなり

ウイルス、有害な化学物質、アレルゲンなども

体内に入りやすくなってしまいます。

また、体の周囲や皮膚に常在するマイクロバイオーム(微生物叢)も

有害物質を中和したり、体内に侵入した物質についての情報を

システム全体にいち早く伝えるメッセンジャーとして

免疫系の一端を担っています。

これらのマイクロバイオームに栄養を与えるのも

衛気の役割のひとつですので

この点においても衛気を高めておくことが重要です。

 

◎マイクロバイオーム

 

体の表面だけでなく体内にもさまざまな種類の

マイクロバイオームがたくさん存在します。

 

鼻腔や副鼻腔に常在するマイクロバイオームは

呼吸によって体内に入る有害なバクテリアやウイルスを中和しますし

口腔のマイクロバイオームは歯茎や歯の健康を維持するだけでなく

食物とともに侵入した有害な微生物やバクテリアを破壊し

食中毒から守ってくれます。

 

腸のマイクロバイオーム(腸内細菌叢)は

主に飲食物の消化に関わるものと考えられがちですが

実は免疫系にも重大な影響を及ぼします。

まず栄養素をじゅうぶんに吸収できる状態が

健全な免疫細胞の産生には不可欠であるということ。

また腸には数百種類のマイクロバイオームが常在していますが

そのなかの一部は免疫システムのなかでも重要な役割を担う

T細胞やB細胞の働きに深く関与しています。

効率的でバランスのとれた免疫反応のためには

これらが活性化していなければなりません。

 

◎骨髄

 

異物の侵入から体を守る免疫細胞の素となる

造血幹細胞は骨盤や大腿骨の骨髄で作られます。

骨盤周りのエネルギーが滞っていたり骨が捻れていると

その産生が妨げられるため調整が必要となります。

 

◎胸腺

 

ウイルスに感染したときの免疫反応の司令塔ともいえる

T細胞は骨髄で産生された造血幹細胞が

胸腺で成熟することによって作られます。

つまり、さまざまな病原体を見分けて攻撃できるように

T細胞のトレーニングが胸腺で行われているわけです。

これによりT細胞は見たこともないような病原体にでも

対応できるほどの多様性を備えていきます。

 

しかし胸腺の機能が低下するとこのトレーニングの精度が落ち

免疫システムが阻害されてしまいます。

胸腺は心臓の前面に張り付くように存在しているため

心臓(心)の状態に影響を受けやすく

慢性的なストレスがかかると萎縮することがわかっています。

そのような場合には胸腺の機能を回復するための調整を行います。

 

◎ストレス

 

免疫系を含め健康であるためには

心身一体のエネルギーシステム全体が

バランスのとれた状態であることが重要です。

その調和を乱す要因のひとつがストレスです。

ストレスによりさまざまな形で

体内のコミュニケーション網が阻害されると

免疫システムも弱体化します。

また恐れや被害者意識が強い人は

その意識が現実化するため

ウイルスなどに罹患しやすくなります。

 

つまりボディートークによって

過去のトラウマを癒す

思考/行動パターンを変える

ネガティブな思い込みを手放す

などして感情的にバランスがとれて

精神的に安定した状態を維持できるようになれば

ストレスを感じにくくなり

自然と免疫力も高まるというわけです。

 

 

免疫という自己防衛システムは

実に複雑かつ精巧にできていて

さまざまな協調や連携によって成り立っています。

だからこそボディートークのように

ホリスティックなアプローチが有効なのです。

ウイルスや花粉を恐れず自由に生きたい!

という方はぜひお試しください。