大切な人のためにできること

リピーターの方からよくありすぎる質問。

 

家族やパートナー、友人にボディートークを受けさせたいけど

話しても理解してもらえないと思うので

本人には内緒で遠隔セッションできますか?

 

えっと、よぉーくわかりますよ。

大切な人が苦しんでいるのを見るのはつらいし

病気も治ってほしいし、もっと楽しく生きてほしい。

自分はボディートークでこんなにラクになったのに

うまく説明できないし、説明してもわかってもらえない。

でもこんなにかんたんによくなる方法があるのだから

自分が申し込んで知らない間に遠隔でやってもらえば…。

 

これ、技術的には可能です。

しかしながら原則としてご本人のご了承が得られない場合は

お断りさせていただいています。

 

例外として乳幼児や小さいお子さま、または

病状や心神喪失により意思の確認が困難な方については

ご家族からのご依頼があればお受けします。

未成年の方についても保護者さまからのご依頼であれば

事情をお伺いし適切であると思われればお受けします。

その他、特殊なケースについては個別に事情を考慮し

倫理的かつ合理的に判断しますのでご相談ください。

動物に関してはセッションの最初に動物に許可を求め

そこでノーと言われれば施術はできませんが

これまでのところ許可が出なかったことはありません。

 

このような原則を設けているのは

第一にプライバシー保護のためです。

知らないうちに第三者の依頼で他人が自分の部屋に入り

掃除をしていったらイヤですよね?

それと同じで心や体もプライベートなスペースであり

勝手に立ち入るべきではないと考えます。

 

それからもうひとつ、重要なポイントとして

ご本人にセッションを受け入れる意思があるかどうかによって

効果に差異が生じるという現実があります。

というのもボディートークのセッションそのものは

心と体のバランスを再調整するための修正プログラムを

特定し、起動するという作業になります。

そして、そのプログラムを実行するのは

施術者ではなく、ご自身の体、です。

ですから当然、セッションを受ける方が

どの程度このプロセスにコミットしているかが

その処理の精度や速度を大きく左右することになるわけです。

 

たとえて言うなら

自らセッションを申し込んでくる人というのは

程度の差こそあれ何らかの変化を望んでいる

つまり旅支度を整えて車に乗り込んでいる状態。

エンジンをかけてあげればすっと走り出します。

一方でセッションを拒絶している人は

いわば道を塞いでいる巨石のようなものです。

どっしりとして動く気がない。

力を込めて押せば少しずつは動くものの

同じ距離を移動させようと思えば

何倍もの労力と時間が必要になりますよね。

つまり一回のセッションの効率が

それだけ変わってくるということ。

 

結局のところ他人を変えることはできません。

誰しも自分で変わるしかないんです。

変わりたいならそれを手助けしてくれるツールはあり

そのひとつがボディートークです。

でも誰もが今すぐ、できるだけ早く

変わらなければいけないわけでもない。

悶々として動けない時期が必要な場合もありますし

時間をかけなければ得られない学びもあって

それぞれのタイミングってものがありますから。

 

じゃあ黙って見守るしかないのか?

まあそういうことになりますが

できることがないわけではありません。

それはあなたが思いっきり楽しく毎日を過ごすこと。

そんな姿を身近で見ていればそのうち

「なんだかあっちのほうが楽しそうだな」と

少しずつ心が傾いてくるでしょう。

 

実際わたしも周囲で聞こえてくる愚痴や悩みの数々

ぜんぶかんたんに解決するのになあ、と思いつつ

セッションをおすすめすることはめったにありません。

そういう便利なものがあることさえ話題にもしない。

その準備ができていない人にヘンにすすめても

余計 頑なになるだけですからね。

でも何年も音沙汰がなかった知り合いが

「今までぜんぜん興味なかったんだけど急に気になって」と

セッションを受けにきてくれたり

偶然のような必然のきっかけでボディートークに出会う人がいたりと

誰しも必要になれば自然と引き寄せられてくるものなんだなあと

しみじみ感じます。

 

ということでそのときがくるまであたたかく見守ってあげましょう。

そしてご自身が最高の状態でいることがいちばんのサポートです。