意識が現実を作るー量子力学によるボディートーク

 

「じゅうぶんに発達した科学は魔法と見分けがつかない」

 

『2001年 宇宙の旅』の原作者として知られるSF作家であり

通信衛星の基本原理を発明するなど先見の明をもつ科学者でもあった

アーサー・C・クラークの言葉です。

 

確かに、今では常識となっている地動説を最初に実証してみせた

ガリレオ・ガリレイも当時は異端者として迫害されたわけですし

科学の発展が目覚ましい現代においても最新の科学的知見が

世間に浸透するまでには早くても数十年かかると言われていますから

多くの人々が“科学的事実”と信じて疑わないことが

実はすでに間違いであると判明している古い説だったり

最先端の科学で実証されたばかりのことが

“似非科学”と揶揄されていたりするのは現在も変わりません。

 

現代の大多数の人々が“科学的”と見なしている世界観は

もはや古典科学であるニュートン力学に基づいています。

この世に存在するありとあらゆるものは原子という

小さな構成要素でできているというものですね。

ではその原子をさらに細かく分解したら?

という具合に物質の最小単位を追求する形で

物理学は発展してきました。

その最先端をいくのが量子力学です。

 

そうして量子力学が行き着いた衝撃の結論とは……

 

物質の構成要素の根源をたどって

最小の素粒子をさらに小さく小さく見ていくと

そこには膨大な可能性と蓋然性に満たされた空間があるだけ

すなわち素粒子とは観念にすぎない!

 

どういうことかというと

宇宙は確固たる形のある物質で構成されているわけではなく

相互に関連しあう事象が動的に絡み合ってできた織物のようなものであり

いかなる部分の特性も根源的に実在するものではなく

すべてはつねに他の部分の特性に影響され

その相互関係の全体的な調和が織物全体の構造を決定する。

これがジェフリー・チューによるブーツストラップ理論です。

これを人体にあてはめたのがボディートークの基盤となっている

ダイナミック・システムズ・モデルとなります。

また、すべてはつながっているわけですから

離れた場所で発生した出来事も相互作用を引き起こします。

どこかで何らかの変化が生じれば

その織物を構成する他のすべての要素が呼応して変化するのです。

遠隔セッションが効果的である理由はこれで説明がつきますね。

 

さらに、量子力学によって導き出された驚くべき結論として

観察するという行為、すなわち意識が

すべての実験結果に影響を及ぼすというものがあります。

よく知られているのは二重スリット実験でしょう。

2本の細長いスリットが開いた板に電子を飛ばしてその動きを検証したところ

人間の観察によって物質がふるまいを変える現象が確認されたという実験です。

ありとあらゆる可能性や蓋然性が一定の現実として確定するためには

意識の存在が不可欠であるーーつまり、意識が現実を形成するということ。

ブーツストラップ理論においても全体の自己調和には

意識の存在が必要であるとチュー博士は語っています。

 

意識をベースとする療法であるボディートークでは

心身の病気や症状の根底には意識の問題があるという理解に基づいて

その関連性について施術者がさまざまな側面から観察した上で

アンバランスを調整するテクニックを実施することによって

結果的にクライアントの心身の状態が改善するという効果が生じます。

そのため施術者が意識にまつわるさまざまな問題について

どれくらいのレベルの理解と知識をもってセッションに臨むか

どれだけ明確にフォーカスできるかにより

効果の程が大きく左右されるのです。

 

このような難解な原理については説明を聞いても

すんなり受け入れられる人は現時点では少ないでしょうし

量子力学は幅広く応用されて効果を上げているとはいえ

矛盾点や不明点もまだ多くあります。

 

でも考えてみれば、たとえばジェット機なども

あんなに重い鉄の塊が空を飛ぶなんて

100年前の人が見たら魔法にしか思えなかったはずですが

今では誰もがふつうに安心して飛行機を利用しています。

でも、それを可能にしている原理を明確に理解している人なんて

ほとんどいませんよね。

そういうものは世の中にたくさんあります。

ボディートークのような今はまだ“わからないから怪しい”療法も

近いうちにそのようなもののひとつとして

受け入れられていくのでしょう。

 

今でもすでに「ぜんぜんわからないけど効くんだからそれでいい!」

という声をよく聞きますが、ほんとうにそれでいいと思うんです。

そもそも意識次第でいかようにも現実が作られるなら

確固たる現実も絶対的な正解もないということ。

世の中わからないことだらけなのだから

わからないことをおもしろがって生きていけるかどうかが

幸せになるためのカギとなるのかもしれませんね。

 

なぜ今ボディートークかー医学のパラダイムシフト