ボディートーク?それともPSYCH-K®︎?

20161024-PA242061.jpg

最近とっっっっっても多いお問い合わせ。

「ボディートークとPSYCH-K®︎どっちがオススメですか?」

 

答えはかんたんに言ってしまえば「好み」です。

というのもボディートークもPSYCH-Kも基本的概念はまったく同じ

過去の経験や環境により無意識に刷り込まれた思い込みを解放して

誰もが生まれもつ力を発揮しやすい状態へと導くというものですから。

そのために無意識に直接アプローチできるテクニックを用いますが

そのテクニック自体はそれぞれ異なります。

でもセッションを受ける人や動物の内なる叡智が許可したこと

つまり安全だと判断してゴーサインを出した施術しかできないという

安全性を重視した手順となっている点は共通しています。

 

で、同じならどうして両方やっているのか?というと

わたし自身が単純に飽きっぽいのでいろいろやりたい

新しいもの好き、知りたがりといった性格的な問題もあるのですが

まだ一般には浸透していないエネルギー療法への導入として

選択肢があったほうが間口が広がるのではと思ったからです。

エネルギーや意識、目に見えないものことに対する

認識や感覚は人それぞれですからね。

何ができるからこっち、というのではなく

その人にとって受け入れやすい手法を選んでもらおうと。

 

まずボディートークについてですが

これはすべての人と動物にとってのすべての問題を

もっとも効率的に解消する療法だとわたしは思っています。

西洋医学的な身体機能の回復から解剖学、心理療法、前世療法まで

この世に存在するすべてのセラピー的なもののなかで

ボディートークによってできないことはありません。

ただ顕在意識を介したカウンセリングは一切行わず

クライアントさんはただ横になってリラックスしているだけで

施術者がクライアントさんの無意識とのみ対話することによって

セッションを進めていくため、とくに初めての方は

「なにがなんだかわからない」ということになりがちです。

(もちろん何をしているかはその都度ご説明しますが

最先端科学を含むありとあらゆる知識体系や概念を駆使した

テクニックを用いるので理解しにくい部分も多いようです)

でも、そのように潜在意識のみを扱い、顕在意識が

干渉する余地がないからこそもっとも効率がいいんですよ!

実際、変化が起きるのもいちばん早いです。

なので、”よくわからないけどすごい”をおもしろがれる方

不思議なことや未知なるものに対してオープンな方には

ボディートークがイチ押しです。

 

対して、PSYCH-Kでは顕在意識では認識できていない

潜在意識の問題にアプローチするテクニックも含まれるものの

基本としてはクライアントさんが顕在意識で設定した目標に沿って

セッションを進めます。そして、その目標を具現化するために

どのような信念を書き換えるか、どのような意識のバランスを

調整するかは主にカウンセリングによって見極めていきます。

そのため、目標が明確にイメージできていなかったり

顕在意識と潜在意識の乖離が大きい場合には

問題の核心にたどりつくまでに時間がかかることがありますが

お話しするなかで顕在意識では目を反らしていた本当の問題や

考え方のクセに気づく方も多く、そのような意味でも

物の見方が変わるきっかけになりえます。

また、セッションにおいてわたしは単なるガイド役にすぎず

実際に無意識に変化を起こすプロセスそのものは

セッションを受ける方ご自身が実行することになりますので

個人差はありますが体感を得やすく、顕在意識と潜在意識の

両方で納得しながら進められるという利点もあります。

動物や赤ちゃんへのセッションの場合には

飼い主さんや保護者の方に代理人となってもらい

プロセスを実施してもらうこともあるのですが

この代理人となった方が非常に興味深い体験をされるケースが

とても多く、、、というのはまた別の話。

 

というわけで、どんな問題でもどちらでも対応できますので

お好みで、あるいは直感でピンときたほうを選んでください。

ちなみにわたし自身はボディートークでメンテナンスをしつつ

具体的な目標に対してはPSYCH-Kを使って実現させています。

まあどちらにもそれぞれ違ったおもしろさがあってですね、

つまり両方オススメなんですよ。